うだ話68


     うだ話68  陵墓関係

宮内庁ですが、陵墓の改修工事について文化財保護法第92条の通知を出して、調査をしているそうです。92条ですから、原則は学術調査であり、発掘調査でないといけません。でも、毎年の一覧表を見ると、「立会」という文字が並んでいて、限定公開は数件ある「発掘調査」のうちの1件だけ。

文化財保護法により適切に処置してますといっても、処置されていないと思います。

それと、第92条の提出、協議先は「文化庁」らしいのです。ちょっと待った!前々回の文化財保護法の改正の時に、地方分権一括法の関係で、届出、通知の相手先は都道府県教育委員会教育長(政令市はその市の教育長)に変わったはず。市町村教育委員会教教育長(政令市は市にしか教育委員会がありませんので。東京23区は区教育委員会教育長。)に通知を提出して、その自治体の担当者と協議しないといけないのでは?

これで適切に処置されているって言えますか?

同じ庁レベルだし、国レベルですから、先に協議をするのはいいですが、ちゃんと指導しないとね。

大阪では、府以上の開発は大阪府教育委員会で先に協議して、取り扱いを決めて、通知は市町村の教育委員会に提出されています。

とある事で情報収集していて、何か変だなと思ったら、根本的に法の運用を間違えてることに気がつきました。

主語をはっきりさせず、奥歯にものの挟まった状態のような文章ですが、ご理解ください。

[ うだ話69へ ]
[ うだ話へ ] [ 陵墓関係 ]
HOME

Copyright (C) 2002-2009 麻夢路  貝塚考古学研究所

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO